· 英検・GTEC・資格試験

来週の日曜日に英検の1次試験が行われます。コロナ禍で本年度第1回の英検の受験を見送った生徒も多いと思います。

 

立教大学を初めとする一部私立大学は外部試験でハイスコアを取っておくと極めて有利に受験に臨むことができますので、あと1週間万全の準備をしてください。

 

当塾では普段の授業に英検対策を組み込んで指導することができます。

 

2次試験の面接対策も行っていますので、来冬以降の英検を受験される方で対策授業をご希望の方はお問い合わせください。

 

英検の面接試験ですが、私自身は以前塾に勤めていたとき(2007年)に1級2次試験に合格しました。

 

勤めていた塾は長野県にあるのですが、1級の2次試験は行われないため、東京か名古屋で受検しなければなりません。普段なかなか行かない名古屋での受検を決めました。試験会場まで片道4時間弱で、試験時間は約10分(笑)。

 

最初の受検の時は原子力発電所の是非をトピックとして選びました。まだ東日本大震災がおこる前の話です。スピーチはそこそこの点数でしたが、その後の質疑応答で矛盾点を指摘され、英語で有効な反論をすることができずに、不合格になってしまいました。

 

合格したときは日本文化が海外に与える影響についてをトピックとして選びました。スピーチ、質疑応答とも淀みなくでき、試験終了後に手応えを感じたことを覚えています。

 

合格通知を見たときは、感無量でした。日本で育ち、特別に周りに英語がある環境ではなく、大学の専攻も英語とは無関係。留学経験もない私が、無理だと思っていた1級に合格している。

 

どんな目標も日々の努力の積み重ねにすぎない。初めから無理と決めつけずに高みをみて努力する。

 

そんな当たり前のことを英検2次試験で再確認しました。

 

来週受検する全員の健闘を心からお祈りします。

宇都宮英語専門

国立大・難関私大受験

上位高校受験

進学塾EX

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。