· 英語勉強法,英検・GTEC・資格試験

宇都宮英語専門 進学塾EX塾長のブログ

昨年、この時期に「ケンブリッジ英検を受けたいのですが、指導いただけますでしょうか」という問い合わせがありました。

正直、ケンブリッジ英検という資格の詳細を知らなかったので、徹底的にリサーチし、指導することが可能というお返事をしました。

なぜ、ケンブリッジ英検を受検したいのか尋ねたところ、

「大学入試で英語資格が必要なのだけれども、英検の締め切りが終わってしまったので、ケンブリッジ英検しか、申し込めない」ということでした。

9月の段階で、入試に使える民間資格がケンブリッジ英検を除いて皆無とは思えなかったので、他の資格を調べると、英検S-CBTやGTECーCBTなど、まだ出願を締め切っていない資格がありましたので、難易度の高いケンブリッジ英検は結局受検しないことになりました。

英語には様々な資格がありますが、目的に応じて取得することが大事です。

大学留学を目指す場合、アメリカ留学ならTOEFL、イギリス・オーストラリア留学ならIELTSがお勧めです。TOEFLはアメリカのトップ大学を目指すなら100点を目指しましょう。IELTSは、スピーキングは取りやすいですが、ライティングは相当難しいので覚悟が必要です。

イギリス留学には先程述べたケンブリッジ英検も使える場合があります。ケンブリッジ英検は面接試験時、他の受験者と一緒に受ける形式になっており、かなり変わった試験な点に注意が必要です。(上のレベルは相当難しいです)

就活は圧倒的にTOEICの高得点を取っていると有利です。昇進や昇給、海外赴任にTOEICのある程度高いスコアが必要になる会社もあります。

その他、国連英検、英単語検定、発音検定などもありますが、実用的というよりは、自己研鑽目的で利用するのにお勧めです。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。